Asthma - ハロ・プラス

小児の喘息治療としてのハロセラピー: 無作為化、制御、前向き試験的研究

29人の患者は、ハロゲン化剤のある塩室(治療群)に、26人の患者は、ハロゲン化剤のない塩室(対照群)に無作為に割り付けられた。統計的に有意なBHR (気管支過敏症)の改善が治療群で示されたが、対照群での変化はなかった。治療郡は、生活の質に関するアンケートのほとんどの項目で統計的な改善を示した。吸入コルチコステロイドによって得られるようなPC20の改善を示した患者もいたことは注目すべきだ。

Ronen Bar‐Yoseph MD Nir Kugelman MD Galit Livnat MD Michal Gur MD Fahed Hakim MD Vered Nir MD Lea Bentur MD

初版: 2016年10月10日 https://doi.org/10.1002/ppul.23621 引用数:3

利益相反: 無し

臨床試験登録: NCT02772341.

背景と目的

喘息は間欠的あるいは継続的な抗炎症療法を必要とする慢性炎症性疾患である。患者は、しばしば従来の治療の補完または代わりとして代替治療に関心を向ける。気管支過敏症(BHR)、呼気一酸化窒素(FeNO)、および喘息の子供の生活の質に対する塩室(ハロセラピー)の効果を評価することを目的とした。

患者と方法

抗炎症療法を受けていない軽度の喘息の臨床診断を受けた5~13歳の子供。患者は、この二重盲検対照試験で無作為化され、ハロゲン化剤のある塩室(治療群)またはハロゲン化剤のない塩処理室(対照群)に分けた。BHR、FeNO、肺活量測定、および小児喘息の生活の質に関する質問票(PAQLQ)に対する塩室療法の効果を評価した。治療期間は7週間、14回行われた。

結果

29人の患者は、ハロゲン化剤のある塩室(治療群)に、26人の患者は、ハロゲン化剤のない塩室(対照群)に無作為に割り付けられた。統計的に有意なBHR (気管支過敏症)の改善が治療群で示されたが、対照群での変化はなかった。治療後の肺活量測定やFeNOレベルの改善はなかった。治療郡は、生活の質に関するアンケートのほとんどの項目で統計的な改善を示した。

プラーク形成アッセイによるHSV-1の阻害の確認:(a)HSV-1ビリオン放出はNaClにより阻害されます:HeLa細胞にHSV-1(MOI 0.5)を1時間感染させてから接種物を除去し、高濃度のNaClで置き換えました。上清を48時間後に採取し、NaClの非存在下で、ベロ細胞単層のプラークアッセイにより、ウイルス力価を、プラーク形成単位(PFU)/ mlとして定量しました。エラーバーは、重複して実行された3つの実験の平均の標準誤差を表します。*0mM NaClと比較した場合p < 0.05(b)プラーク形成アッセイによるHSV-1のNaCl阻害の代表的な画像。NaCl(mM)値は、DMEM(110 mM)で見られる値以上です。

結論

この試験的研究では、ハロゲン化剤のある塩室が軽度の喘息の子供に有益な効果をもたらす可能性があることを示唆された。長期の追跡調査を伴う無作為化された大規模な比較試験が必要である。Pediatr Pulmonol. 2017;52:580–587. © 2016 Wiley Periodicals, Inc.