2002

革新技術で連続受賞。そして圧倒的な評判。

革新技術で連続受賞。そして圧倒的な評判。

 

世界初の家庭用ハロセラピー機器を発明して2年以内に、ルーマニアの健康化学のエンジニアであるコンスタンティン・パシュクは国際特許を取得しました。商品をSalin Plusと名付け、日本用ではそれをハロプラスと改名しました。

 

Constanting Pacu2002年5月、パシュク氏のHalo Plus家庭用ハロセラピー装置が、スイスで開催された第30回ジュネーブ国際発明展で銀メダルを受賞しました。審査委員会が評価したのは、アイデアの独創性と使用における効果でした。

同年11月、パシュク氏はブリュッセルで開催された第51回ユーレカ(イノベーション・研究・新技術の展示会)でも、栄誉ある金賞を受賞しました。

  

これらの賞を受賞してからこれまでの何年もの間に、世界中で3万人を超える家族がSalin Plus (日本での製品名はHalo Plus)の100%天然で薬剤不使用の恩恵を享受してきました。全使用者の94%が、この商品を友達に勧めると言い、多くの人が5つ星で評価します。

 

レビューの確認は、こちらをクリック


ヨーロッパ、アメリカ、イギリス、オーストラリアでは、Halo PlusはSalin Plusと呼ばれていますが、日本のHalo Plusは、それと全く同じ製品で、同じ工場で作られています。また、使用している塩についても、有名なSalina Slanic Prahova鉱山から採れる同じ塩です。

 

ルーマニアで、19年前に最初の試作品を購入した人の中には、その商品をまだ使い続けている人もいます。プラスチック製の食品容器から作られているこれらの装置は、現代のものとは異なるスタイルの塩フィルターカートリッジを使用しています。

 

「それで、」パシュク氏は言います。「この一部顧客のお世話をするために、私は古いスタイルのフィルタを作り続ける必要があります。毎年これらのお客様に「新しいものと交換させてください。無料です!」とお伝えしますが、毎年、「交換の必要ありません。ありがとう。古い機器がうまく動いているのに、なぜ新しいのに変更するのですか?」と言われてしまいます。

 

パシュク氏はこう言いながら肩をすくめて笑います。彼は明らかにこんな年老いていて幸せな顧客を持っていることを誇りに思っています。