1843

ハロセラピー

発祥

ハロセラピーは、薬剤を使用しない自然派治療で、塩の微粒子の吸入などを行います。

 

岩塩鉱山で働いていたポーランドの医師Feliks Boczkowskiが、塩分の多い空気を吸うことの効果に気づいた、遅くとも1843年には、ハロセラピーの利点が知られました。それから150年間、ソルトセラピー(=ハロセラピー)の人気は東ヨーロッパに広がり、今日では多くのスパが岩塩鉱山を改造し、ハロセラピーを提供しています。

 

通常、訪問者はこれらのスパに数日間滞在し、鉱山で毎日最大8時間過ごします。訪問者が時間を過ごし、また「深呼吸」を促すべく、レクリエーション施設やスポーツ施設が用意されています。

 

ハロセラピー